「沖縄の異国文化を訪ねよう」| 知らないと損!沖縄の定番&穴場スポット大特集 | 沖縄の休日 - 一番充実した沖縄旅行が実現できる沖縄に関する総合情報メディア

沖縄を心から満喫するための情報サイト

知らないと損!沖縄の定番&穴場スポット大特集

沖縄の異国文化を訪ねよう
沖縄では交易時代からの多くの異国の文化遺産が見れます。

沖縄は古くから多くの国と交易を重ね、独特の文化を生み出してきました。その歴史の流れの中で、沖縄に残された異国の文化が各地で見れます。新しい沖縄の魅力の再発見に通じるランキング!

新開地

米軍基地キャンプハンセンのゲート前にある飲食街です。基地の影響を受け生まれ育った町であり、タコライス等独特の文化も育ちました。

新開地の写真 新開地の最盛期はベトナム戦争時代です。戦地に出撃する米兵たちや、帰還兵が朝まで騒いでいました。戦争の終結や、円高など、時代の流れで現在は観光の町に生まれ変わっています。 …

詳細を見る

唐人墓

悲しき奴隷制の歴史が垣間見える場所

唐人墓の写真 1852年、中国から400人の労働者を船でアメリカへ移送の途中に事件が発生しました。虐待に耐えかねた中国人が暴動を起こし、船長ら7名を殺害したのです。その後、石垣島沖の座礁船から380人が上陸しました …

詳細を見る

オランダ墓

屋我地島の今帰仁寄りの海岸に、オランダ墓と呼ばれる古い墓が残されています。

オランダ墓の写真 屋我地島の運天原の岬にオランダ墓と呼ばれる墓があります。運天原の船揚場から北に約300m波打際を歩くとセメントの階段があり、そこをあがるとオランダ墓です。オランダ(ウランダ-)とは、近世において西洋人 …

詳細を見る

コザ ゲート通り

アメリカ的な雰囲気が色濃い沖縄市ゲート通り。国際色豊かなコザ(旧沖縄市名)そこに残る米軍統治時の名残です。 

コザ ゲート通りの写真 沖縄市は、ベース(米軍基地)の町と呼ばれてきました。基地と共に歩み、コザ独特の文化を形造ったのです。それは、ハードロックの音楽文化であり、伝統祭りのエイサーを普及発展させた功績もコザの力です。若者文化 …

詳細を見る

体験王国むら咲むら

のーんびり、ゆーたり、沖縄(うちなー)タイムを楽しもう。むら咲むら32工房101の感動体験が出来るテーマパークです。

体験王国むら咲むらの写真 華やかな大交易時代の琉球王国の歴史を1万5千坪の敷地に再現しています。那覇空港から車で約1時間。目の前に、とても美しい海が広がっています。むらでは、伝統工芸品や昔から伝わる御菓子の製作体験、三味線の体 …

詳細を見る

久米の福州園

那覇と中国の交流を伝える歴史遺産「福州園」

久米の福州園の写真 琉球王朝文化に大きな貢献をした閩人「久米36姓」久米村の地に建つ福州園は、長く続く中国との交流から生まれました。アジアの大交易港であった那覇は、「唐 南蛮 寄り合う 那覇 泊」と詠まれました。福州園は …

詳細を見る

アメリカンビレッジ散策

沖縄の西海岸の美浜タウンは、まるで外国気分です。アメリカンビレッジの散策です。

アメリカンビレッジ散策の写真 広大な敷地がまるで外国気分です。大きさは、ほぼ東京ドームの5個分だそうです。アメリカンビレッジは、沖縄の西海岸に有り、ビーチ、無料駐車場、ショピング、グルメ、映画館、アメエニティー、リゾートホテルと何 …

詳細を見る

久米の孔子廟

琉球の時代に海を渡って沖縄に来た中国の方々に由来する孔子廟があります。

久米の孔子廟の写真 孔子廟(久米孔子廟)は、1676年に久米村の泉崎に建設され琉球の儒学の礎となりました。中国の思想家・孔子、および四配と呼ばれる4人の弟子(顔子、子思、曾子、孟子)を祀る建物です。一般的な呼称は孔子廟で …

詳細を見る

港川ステイツサイド タウン

復帰前の外住宅街が、おしゃれでかわいい町にリフレッシュしました。

港川ステイツサイド タウンの写真 最近観光客から、注目を集めている場所が有ります。復帰前に外人向け住宅だった「港川ステイツサイドタウン」がそうです。外人住宅を改造したお店が、たくさん並んでいます。どのお店もオシャレで可愛く、散策してい …

詳細を見る

シーサイドドライブイン

国道58号線に有る、アメリカンスタイルの海の見えるドライブイン・レストランです。

シーサイドドライブインの写真 国道58号線沿いの、海のそばにある1967年創業のレストラン老舗レストラン「シーサイドドライブイン」米軍基地に出入りしていた創業者が、基地内のレストランを見本に開店したそうです。国道を行き交う多くの人 …

詳細を見る

編集部REPORT