沖縄の観光スポット「久松五勇士の碑」のご案内 | 沖縄の休日 - 一番充実した沖縄旅行が実現できる沖縄に関する総合情報メディア

沖縄を心から満喫するための情報サイト

ひさまつごゆうしのひ 久松五勇士の碑
サバニを漕いで15時間、走って5時間遅おそかりし1時間・アララガマ精神の久松五勇士

久松五勇士の碑の写真

Overview 概要

日露戦争の時代の話ですから100年以上も前の話です。バルチック艦隊に備え日本は沿岸に監視所を置き、哨戒艦を配置し敵艦隊に備えますが発見できません。 明治38年5月25日、なんと、宮古島東方を北上する敵艦隊が確認されました。大本営への報告には、石垣島の電信局に行くしかありません。宮古島の松原、久貝の漁師5人が、石垣島まで100Kmをくり舟(サバニ)で挑みます。漕ぐこと15時間、陸上を5時間駆けて石垣島電信局で電報を発信しました。 しかし、電報は中継が多く大本営に達したのは、他の「敵艦見ゆ」の報告に遅れ評価されませんでした。しかし、 昭和の初期にこの事が、「遅かりし一時間」と教科書に紹介され、五勇士は時の人となりました。アララガマ精神の宮古人らしい話です。

Photo Gallery 写真

Information 詳細情報

所在地
沖縄県宮古島市久松
レンタカーで
宮古空港より約10分です。
公共交通機関で
駐車場
あり。
公園駐車場有り
入場料など
無料。
営業時間
休業日
トイレ
あり
関連カテゴリ:名所 史跡・戦跡 公園・庭園 
更新日:2015-10-22 15:33:43

Map 地図

編集部REPORT