沖縄の観光スポット「円覚寺」のご案内 | 沖縄の休日 - 一番充実した沖縄旅行が実現できる沖縄に関する総合情報メディア

沖縄を心から満喫するための情報サイト

えんかくじ 円覚寺
琉球王朝時代の史跡名勝天然記念物、沖縄第一の巨刹の円覚寺

円覚寺の写真

Overview 概要

円覚寺は1497年、時の王尚真王が、鎌倉円覚寺にならって建てられたといいます。門の外に放生池と石橋を築造しています。石橋の造りは素晴らしく、石造文化の技術力の高さが光っています。ことに欄干の石彫りの動物彫刻がまさに美術品だと思います。また、円覚寺前に円鑑池・弁財天堂も造られています。そこの天女橋も大きな評価を頂いています。円覚寺は今次大戦まで美しい姿を保っていましたが、戦で破壊され戦後の動乱で旧観を失いました。しかし放生池や石造部分の一部は奇跡的に残っていました。1968年に総門・両腋門とそれにつづく石垣が修復されました。
仏教には少々なじみが薄い沖縄かもしれませんが、大切な文化財産を継承し、発展させなければいけないのでしょう。

Photo Gallery 写真

Information 詳細情報

所在地
沖縄県那覇市首里当蔵町
レンタカーで
那覇空港より約40分
公共交通機関で
モノレールで空港より首里駅まで約30分 駅から首里城まで徒歩で約15分。
駐車場
なし。
首里城の県営駐車場が便利です。
小型車 1回¥320 1回2時間を目処に協力をお願いしています。
入場料など
無料。
営業時間
休業日
関連カテゴリ:名所 史跡・戦跡 
更新日:2015-08-08 10:49:40

Map 地図

編集部REPORT