沖縄の観光スポット「百按司墓」のご案内 | 沖縄の休日 - 一番充実した沖縄旅行が実現できる沖縄に関する総合情報メディア

沖縄を心から満喫するための情報サイト

むむじゃなばか 百按司墓
古琉球時代の、多くの士族たちの墓

百按司墓の写真

Overview 概要

 百按司墓(ムムジャナバカ) 今帰仁村運天の古墓 
墓は運天集落の北東部、崖の中腹、自然岸壁を利用してつくられています。一帯には山北(北山)監守の一族を葬った大北(ウーニシ)墓をはじめ、60基以上の古墓が集中する地域です。現在見る百按司墓は、漆喰で塗り固められた半月状の石積みによって囲まれてます。かっては方言でザフン(和名:ヘッカニガキ)材で組まれた家型の墓があり、壁はチニブ(竹製の網代)が用いられたと推測されます。墓内部にはおびただしい数の骨があり、複数の木棺が納められていたようです。
正確な記録は残ってなく、かなり古い時代からの墓の様です。
 今帰仁村教育委員会資料より 

Photo Gallery 写真

Movie 動画

Information 詳細情報

所在地
国頭郡今帰仁村 運天
レンタカーで
公共交通機関で
駐車場
なし。
入場料など
無料。
営業時間
休業日
関連カテゴリ: 
更新日:2016-03-18 08:13:35

Map 地図

編集部REPORT