沖縄の観光スポット「カマドマ伝説」のご案内 | 沖縄の休日 - 一番充実した沖縄旅行が実現できる沖縄に関する総合情報メディア

沖縄を心から満喫するための情報サイト

かまどまでんせつ カマドマ伝説
陸の孤島の船浮集落に伝わる美少女、カマドマの可憐な恋のお話です。

カマドマ伝説の写真

Overview 概要

       民謡「殿様節」より          
今から170年ほど前の船浮に伝わるはなしです。当時、対岸の祖内集落に高端という青年がいました。舟浮にはカマドマという美しい乙女がいて、美しさは、絵筆にも描けない程であったそうです。その美男美女の二人はやがて恋仲になり、愛し合うようになりました。ところが海を隔てた祖内と船浮、 恋する二人にとって会えぬ事ほど辛い事ありません。寝ても醒めても浮かぶは愛しい恋人の姿です。ですが、祖内と舟浮の間は陸続きではあるが道路はありません。
2人とも相手の訪れを待ち侘びていました。はやる心で港の向こうの方を一心に見つめて「ああ、…」待ちわびる毎日にしおれるカマドマでした。泣き疲れたカマドマがふと岬の方へ目をやると、舟が来きます。「ああ、神様。今度こそあの方の舟でありますように・・・。」。そして、「ああ、高端様・・・会いたかった!」 そして二人は、いつまでも白い砂の上に立ち尽くしていました。この話は、恋の伝説として民謡「殿様節」によって謡い継がれています。

Photo Gallery 写真

Information 詳細情報

所在地
沖縄県 八重山郡竹富町西表船浮
レンタカーで
船浮集落は白浜港から船で10分です。
公共交通機関で
駐車場
あり。
入場料など
無料。
営業時間
休業日
トイレ
あり
関連カテゴリ:名所 史跡・戦跡 
更新日:2015-10-19 11:54:00

Map 地図

編集部REPORT