沖縄の観光スポット「仲村渠樋川」のご案内 | 沖縄の休日 - 一番充実した沖縄旅行が実現できる沖縄に関する総合情報メディア

沖縄を心から満喫するための情報サイト

なかんだかりひーじゃー 仲村渠樋川
仲村渠樋川は地元住民の憩いの場だけではなく、遠方からも涼を求めて人々が訪ねてきたそうです。

仲村渠樋川の写真

Overview 概要

仲村渠集落は、海を見渡せる高台に有ります。仲村渠樋川は地元住民の憩いの場だけではなく、遠方からも涼を求めて人々が訪ねてきたそうです。仲村渠樋川は、仲村渠集落の共同用水施設で、沖縄の伝統的な石造井泉を代表するものです。古くはウフガーと呼ばれ、水場に木製の樋をすえた程度の施設だったようですが、大正元年(1912)から、琉球石灰岩などを用いて造り替えられました。その施設はイキガガー(男性用水場)、イナグガー(女性用水場)、広場、拝所(はいしょ)、共同風呂、かーびら(石畳)によって構成され、湧水を貯水槽に貯え水場へ流して使用されていました。昭和30年代に簡易水道が敷設されるまでは、飲用、洗濯、野菜洗い、水浴びなどの生活用水として利用されていましたが、最近は主に農業用水に利用されています。しかし、先の沖縄戦で共同風呂周辺は破壊され、土で埋められたため、昭和39年に仮の改修がなされました。更に平成16年に実施された復元工事により、大正2年(1913)当時の樋川の状態に復元され敷地全体の景観が整えています。
共同風呂については、主に発掘調査により発見された出土品(北側の石柱二本・石壁の一部、水槽、洗い場床、五右衛門風呂(ごえもんぶろ)の一部)や近辺の類例などをもとに復元がなされました。
  玉城村教育委員会
  平成17年3月31日設置

Photo Gallery 写真

Movie 動画

Information 詳細情報

所在地
沖縄県南城市玉城仲村渠
レンタカーで
那覇空港から沖縄自動車道の南風原南ICまで、約12分。下りて南城市百名まで約25分です。
公共交通機関で
駐車場
あり。
公民館横の広場に、3台ほど可能です。
入場料など
無料。
営業時間
休業日
関連カテゴリ:名所 史跡・戦跡 景観スポット 
更新日:2015-12-01 15:49:31

Map 地図

編集部REPORT